仕事

新卒で会社を1ヶ月で退職した話 結論-辞めてマジでよかった

新卒1ヶ月で会社を退職した話 アイキャッチ

みなさんこんにちミナミです。

ミナミ

辞めたければ今すぐ辞めるべきです。

今年度の新入社員さん。

年が明けましたね。

多くの人が年末年始をのんびり過ごして

新たに仕事が始まり憂鬱なのではないでしょうか。

僕もその一人です。

そんな僕は2018年度の大卒新入社員でした。(新卒)

2018年の4月に入社しましたが、1ヶ月で新卒で入った会社を辞めて今の職についています

新卒で入社してすでに仕事を辞めたいと思っている方

これから転職を考えている人など

気持ちはあってもなかなか行動できない方が多いのではないでしょうか。

僕がそんなみなさんに

一ヶ月で仕事を辞めて今の職に着くまでのお話を今日はしたいと思います。

  • どうして仕事をやめたのか
  • 新卒一ヶ月で退職しても転職は可能なのか
  • 転職してみてどうだったか
  • まとめ

3記事に分けて話していきたいと思います。

本日はどうして仕事を辞めたのかについて話していきます。

こんな人にオススメ
  • 今の仕事を辞めたいと考えてる人
  • 新卒で入ったばかりで仕事が辛い人
  • 仕事を辞める勇気がない人

新卒で会社を1ヶ月で退職した話 どうして仕事を辞めたのか

経歴

僕は大学時代

教育学部のある大学で保健体育を専攻していました。

小学校と中学校の保健体育の教員免許を持っています。

当然周りの友達も教員免許を持っており皆先生になるために教員採用試験を受けています。

そんな僕は大学時代に小学生向けの遊びを学生で企画して予定日に子どもを集め当日その企画を運営していくサークルに入っていました。

(小学生を対象としたボランティアだと思ってください。)

その中で企画する楽しさを見出したため

子どもは好きでしたが

企画営業の仕事がしたいと思い教員採用試験は受けずに

教育とは関係なく地元の建設会社の企画営業部に入社しました。

大手というわけではありませんがそれなりに大きな会社です。

他大学の周りの学生と比べたら就職活動は勢力的には行っていませんでしたが

入社するまでは特に後悔などはありませんでした。

入社してから

入社してみると社員の方々の暴言や就業中の態度はかなり酷いものでした。

パワハラやセクハラじみたことは日常茶飯事でした。

僕の先輩にあたる社員の方に毎日

「辞めろ いなくても変わらない」

などという考えられない言葉を口にしていました。

そのような社内の人間関係に嫌気がさした以上に

僕自身も今まで全く関心のなかった建設関係の業務内容に対して想像以上に思っていた仕事とのギャップを感じていました。

入社してすぐに後悔しました。

こうして僕は入社してすぐに辞めたいと思うようになりました。

僕の場合は残業などの業務内容についての不満というより社内の人間関係やりたい仕事とは違ったということが主な退職理由でした。

新卒で会社を1ヶ月で退職した話 辞める時どのように申し出たのか

辞めたいと思ってから行動するまでは早かったです。

人生一度きりなのだから自分の好きなことや楽しいと思う仕事をしたいと思ったからです。

もちろんどの仕事も楽しいと思えることがある反面

辛い部分や不満があるとは思います。

それでもこの会社で働き続けることは僕には無理だと考えが至りました。

自分の好きな企画の仕事や子どもと関われる仕事をしたいと思うようになったからです。

辞める際は上司に素直に言いました

辞めることを上司に言うのはめちゃくちゃキツイ

上司に言い出す際はかなり怖かったですし、前の日は寝れませんでした。

それでも言い出さなければ永遠に苦しむだけだと思って勇気を出しました。

上司はびっくりした顔で私に退職したち理由を尋ねました。

私は正直に上記の事を伝えました。

もちろんオブラートに包んで伝えましたが

一身上の理由でという曖昧なことを言っていては絶対に引き止められると思ったからです。

それでもやはり引き止められましたが

断固として気持ちは変わりません

と言い続けました。

その後総務の方や社長ともお話をして

引き止められましたが

最終的には退職することができました。

入社して退職を言い出したのが働き始めて3週間の頃

退職の手続きは1週間後には終わりました。

その1週間の間は会社に来なくていいから考え直して欲しいと言われ家にいましたが

自宅待機の2日目に会社に電話して退職手続きをお願いする電話をしました。

最後に会社に行き、書類の手続きや荷物の返却などをしました。

最後に会社に行く際は皆冷めた目で僕を見ていましたが

もう二度と関わることはないと思って開き直って気にしないようにしました。

こうして僕は入社後一ヶ月で退職しました。

ですが今思い返すと

退職代行サービスを使えばこんな嫌な思いをしなくて済んだなと思います

現在は退職代行サービスを使うのがオススメ

退職代行サービスを使えば

退職代行サービスがオススメの理由
  • お金を払えば簡単に辞められる(¥20,000~¥30,000ほど)
  • 退職の意思を伝えることからその後の手続きまで、一切会社に出社しなくて辞められる
  • 上司や他の社員と顔を合わせることなく辞められる

人間関係のできていない入社間もない頃は

上司に退職を伝えるのって本当に気が引けますよね。

でも我慢して働き続けると、体を壊してしまったりうつ病になってしまったりしてしまいます。

そうなってしまったら手遅れです。

そうなる前に退職代行サービスを利用しましょう。

最近は色んな退職代行サービスがありますが、どれも同じです。

どのサービスもほぼ100%辞められます

僕のオススメはこちらの会社です。

顧問弁護士指導による退職代行サービスのため

安心して退職代行を任せられます。

価格も¥30,000と安すぎず、高すぎない安心の価格ですね。

退職率100%のサービスです。

僕がこれから退職をするならこのサービスを使います。

会社を辞めたその後

現在は辞めることを伝えること、その後の手続き全てを含めて

その後は別の記事で詳しく書いていきますが、9月から転職活動を始めて今の職に就くことができました

それまではアルバイトをしたりプログラミングの勉強なんかもしてきました。

とりあえず言えることは

辞めて後悔は一切ないということと今の仕事がすごく楽しいということです

新卒入社の方やそうでない方に関わらず

辞めたいと思ったならすぐに辞めた方が絶対にいいです。

辞めた後の会社のことなんてはっきり言いますが貴方には関係ありません。

僕の場合は入社してすぐだったので

仕事の引き継ぎなどはなく

簡単なディスクの掃除と物の返却だけでしたが

最低限の仕事の引き継ぎや片付けを済ましてしまえばその後は会社の仕事です。

あなたの仕事ではありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

転職について後に2記事を書いていきますが

これを読んでいる方がより良い選択をできる事を心よりお祈りしております。

※追記(2200/5/8)

現在はコロナウイルスの影響もあり

会社が倒産したり利益が減ったりしている状況です。

もちろん上記の通りあなたの選択を僕は応援しますが

まずは将来について少し考える時間を設けることをオススメします。

考えた上での選択ならきっと後悔はないはずです。

何かありましたらTwitterのDMなどで相談してください。

すぐにお返事させていただきます!

上記でも紹介しましたが

現在は退職代行サービスというものがあります。

自分自身が会社と連絡を一切とらずに、会社を辞めることのできるサービスです。

様々な会社がありますが、どのサービスでも公務員以外でしたら確実に辞められます

無料相談もあるので、まずは気軽に連絡してみましょう。

男性や女性それぞれに限定して特化した退職代行サービスもあります。

気になる方はぜひ。

辞めた後の転職話はこちら

こちらもオススメ