薬品

花粉症の新薬-貼り薬-アレサガテープが登場!

みなさんこんにちは

ミナミです。

花粉症(アレルギー性鼻炎)の時期がやってきましたね。

辛い思いをされている方たくさんいますよね。

従来はこのような薬を服用されている思います。


そんなみなさんに朗報です。

今朝ニュースを見ていたら

花粉症の新薬として

貼るだけで花粉症に効果がある『アレサガテープ』

という貼り薬が登場したらしいです。

本当に貼るだけで効くのでしょうか。

そこで今回は

アレサガテープの効果とメリット・デメリットをまとめました!

  • アレサガテープとは
  • アレサガテープのメリット
  • アレサガテープのデメリット

の順にお話しします!


アレサガテープとは

【効果・効能】

アレルギー性鼻炎(花粉症)

【用法・容量】

通常、成人にはエメダスチンフマル酸塩として1回4mg(22.3㎜×36.1㎜)を胸部、上腕部、背部又は腹部のいずれかに貼付し、24時間毎に貼り替える。なお、症状に応じて1回8mg(31.5㎜×51㎜)に増量できる。

【注意事項】

眠気を催すことがあるので、本剤使用中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作には従事させないよう十分注意すること。


というものです。



アレサガテープのメリット

  • 使用の手軽さ
  • 症状に合わせて使用量を変えられる



使用の手軽さ

貼るだけという使用の手軽さは嬉しいですよね。

花粉症は長袖の時期に発症するものです。

アレサガテープは大きさが

4mgのもので22.3㎜×36.1㎜
8mgのもので31.5㎜×51㎜

かなり小さいです。

簡単に処方できて服の下に隠れるので全く目立ちません。

マスクをするのが嫌いな方なんかは嬉しいですよね。

症状に合わせて使用量を変えられる

アレサガテープは基本的に4mgのものを処方されるそうですが

効果が感じられなければ8mgに増量することもできます!

症状が酷い方も安心ですね。

新薬なので

使用感や効果があるかどうかの感想はまだ耳にしませんが

花粉症の方には嬉しい形の薬なのではないでしょうか。


アレサガテープのデメリット

  • 副作用の眠気で車の運転ができない?
  • 長期的な使用が必要
  • 張った場所がかぶれる可能性がある

副作用の眠気で車の運転ができない?

アレサガテープ使用による副作用として

眠気があるそうです。

注意事項にも記載されていますが

車の運転は控えるように書いてあります。

また

使用量が4mgから8mgに増えるにつれて

眠気も強くなるそうです。

病院の医師がどのように処方しているかはわかりませんが

運転を普段からされている方は注意が必要ですね。

心配な方は病院に問い合わせてみてはどうでしょうか。

長期的な使用が必要

注意事項には他にもこのように記載されています。

本剤を季節性の患者に使用する場合は、好発季節を考えて、その直前から使用を開始し、好発季節終了時まで続 けることが望ましい 。

つまり

花粉症の時期の少し前から使用し始めて

花粉症の時期が終了するまで使用してください。

ということですね。

簡単に使用できるとはいえ毎日貼り直し続けるのは少し嫌ですね。

貼り忘れにも注意が必要そうです。

値段は今回わかりませんでした。

一枚あたりの単価が高いとお財布的にも厳しいかもしれませんね。

貼った場所がかぶれる?

患者さんによっては使用場所がかぶれてしまう方もいるそうです。

毎日貼る薬なので

使用場所は清潔に保つことが大切でしょう。


僕は花粉症はありませんが

花粉症の症状を持たれている方で

気になる方は一度病院で処方してもらいましょう!

それでは!